痩せる筋トレは体重より体脂肪を減らすのがポイント

MENU

痩せる筋トレは体重より体脂肪を減らすのがポイント

ダイエット成功した女性

痩せるために行う筋トレでは、体重より体脂肪を減らすのがポイントであるという話をしていきたいと思います。

 

ダイエットというとまず食事制限が連想されます。

 

しかし、食事制限のみのダイエットはリバウンドで失敗しやすいのです。

 

筋トレの方が効果的なのですが、その成功のカギは体重を落とすことも勿論大切なのですが、体脂肪を落とすことに重点を置くことにあると言われています。

 

ただし筋トレはメニューの種類が多いですから、体脂肪を落とすメニューに限定するとしても、どれにしようか迷うところだけに、メニュー別の効果の出方をまず知っている必要があると思います。

 

無酸素運動である筋トレで体脂肪率が落とせるのは、成長ホルモンの分泌を促して脂肪を燃焼する効果が期待出来るためです。

 

痩せた女性

筋トレでは当然筋肉が鍛えられますから筋肉がエネルギーを消費するようになる、つまり筋トレで筋力がアップすれば、基礎代謝の高まりによってエネルギーを使いやすくなり、痩せやすい体質になれるということなのです。

 

ウォーキングやジョギング等の有酸素運動のみでも脂肪燃焼効果はありますが、無酸素運動である筋トレとセットで行うことによって、より体脂肪を落としやすくなります。

 

また筋トレはインナーマッスル(深層筋)も鍛えられますので、やはり脂肪を落とすことは出来るのですが、この時メニューとして有効なのはヨガやピラティスだそうです。

 

筋トレをして筋肉の量を増やせば基礎代謝は上がりやすくなりますから、普通に生活しているだけで自然に脂肪が燃焼して、体脂肪率の減りやすい体質になれれば、これほど良いことはないと思います。

 

逆に食事制限の反動が原因のリバウンドで太るのは、食事の量を制限すると筋肉量が減ってしまい、消費される基礎代謝の量も減って、あべこべに痩せにくく太りやすくなってしまうからです。

 

だからこそ筋肉を増やし筋力がアップ出来る筋トレによって、基礎代謝を増やすことが大切になるのです。

 

また特に体脂肪を落としやすい筋トレは、筋肉の集中している太ももと、血液のポンプの役割を果たしている脹脛(ふくらはぎ)を鍛えられるスクワットや腕立て伏せ、腹直筋・腹斜筋・腹積筋が鍛えられる腹筋運動、水の入ったペットボトルをダンベル代わりにして鍛える運動、及びストレッチ等があります。